SSブログ

   次回の科学バーのお知らせ

    【最新情報をメールサービスで配信中!】
 こちらをクリック!→ CLICK HERE

東京日本橋では「大人の科学バー」を今後も開催する予定です。(右アイコンをクリック)
さらに、京大近くの出町柳アシュクルクさんや、京都のトルコ料理&Bar memeさんでも科学バーを不定期に開催しています。
KIWI.JPG

前の10件 | -

トンガの津波のナゾが解明(たぶん) [ 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ]

先日、日本を襲った津波 by トンガの大噴火 ですが、
気象庁が頭を抱えるようなナゾの津波でした。

すでに報じられていますが、津波の原因は海底の隆起や沈降では
なさそうです。トンガ周辺や太平洋の観測点で捉えられた津波の高さは
大したことはなかったのに(それでも被害は出ていますが)、もっと遠い日本
では、海面がわずかに変動するくらいと思われるためです。
(この辺も、今後の調査を待つ必要あり)

変わって注目されたのが「空振」です。トンガでの火山の大爆発の音(気圧変化)
が津波を起こしたのだ!という説です。
●日本への津波 専門家「噴火に伴う空気の振動“空振”原因か」
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220116/k10013433451000.html
●空振とは|防災情報ナビ (ibousai.jp)
 https://www.ibousai.jp/words/bswd202.html

キャプチャWNN.JPG
こちらはウェザーニュース社による、空振(気圧変化)によるものです。
2ヘクトパスカル程度(1000分の2気圧)、気圧が変化しています。
ぜひ動画も見てください(当ブログ過去記事)
→ https://goto33.blog.ss-blog.jp/2022-01-16-1

さらに、地球規模で空振が広がる様が、衛星画像(動画)として
公開され始めています。



続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

噴火でも津波は起きる(2) [ 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ]

前回の続きです。

火山が噴火すると、なぜ津波が起きるのでしょうか?
よく言われる原因は下記です。
1)陸上の火山の一部が、噴火の際に吹き飛ぶ(山体崩落)
  → 崩れた山の一部(どでかい岩の塊や大量の土砂)が海へ流れ込む
  → 津波
2)海底にある火山が噴火 → 噴出物が海底に湧き出てくる
  → 噴出物に押しやられた海水が、周りへ広がっていく
  → 津波
3)陸上や海底にある火山が噴火して、陥没(カルデラの形成)
  → 海の水が陥没部分に流れ込む → 海水はその後、周りに広がっていく
  → 津波

衛星写真からは「3」の陥没によって津波が起きたように思われます。
ただしそれだけでは説明はつかないようです。以下に解説します。

まずは、下記をご覧ください。
tonga2022.gif
https://twitter.com/Hydrology_IRPI/status/1482483800613527553 より
衛星画像でよく見ると、トンガの火山島の形が大きく変わっているようです。
前回の記事に、火山島の地図を載せました。下記に再掲します。
funga.JPG
2つの小島の間に噴火口がみえていましたが、今回の大噴火によって、
噴火口周辺が吹き飛んでなくなった(陥没した)ように見えます。

続きを読む


nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

噴火でも津波は起きる(1) [ 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ]

朝から伝えられておりますとおり、南太平洋のトンガにある火山の噴火によって
津波が発生して、日本に押し寄せています。岩手県太平洋岸では、
最大で高さ3m程度の津波が押し寄せる可能性があります。

●トンガで大規模噴火 周辺で1m近い津波発生 日本でも津波警報
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220115/k10013432611000.html
 火山島「フンガ・トンガ フンガ・ハアパイ」はこちら。


上図では海しか表示されません。拡大地図で見てみると、、、
funga.JPG
どうやらこの島の真ん中にあった火口で、大噴火が起きたようです。

高知県などでは港内の漁船が複数転覆しており、被害が出ています。
●【速報】室戸市佐喜浜港で漁船転覆、乗員はなし 高知県沿岸に津波
 https://www.kochinews.co.jp/article/detail/53548
 ※下記写真も同記事より。
 kochi.JPG
沿岸の交通(電車、自動車)などがストップするなどで、受験生にも
大きな影響がでているものと思われます。

・・・ところで、今回の津波の予測に、気象庁は大失態をしてしまいました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

3回生が受賞しました! [▼研究実況 Now!]

2022-01-07T20:20:05.jpg

今日は兵庫県立大学 理学部 物質科学科3回生の研究発表会でした。
卒業研究を行うために、学生は研究室に配属されますが、その時期は決まっていて、
物質科学科の場合は来年4月(4回生になってから)です。でも、もっと早く本物の
研究の現場に触れてほしい。そこで3回生向けに「研究室体験」を実施しています。。

3回生(希望者)が2ヶ月間、希望する研究室に配属され、その間に研究体験をし、
そして研究成果を報告するのです。たった2ヶ月間で、なにができるか?
時間との勝負です。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

比較:風力発電と原子力(2) [ 資源エネルギーを考える]

昨日の続きです。
風力発電と原子力発電を比べてみています。

wind2.JPG
https://www.sbenergy.jp/study/illust/wind/ より

風力発電の風車は、すごくでかいです!
なんと、飛行機の幅よりでかい!!
●ポール・アレンの世界最大の飛行機、「空の発射台」として2020年運用開始
 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/08/2020-7.php
 下図もこちらの記事より。一番小さなボーイング747-8の幅が68.5m
 風車の羽はそれより大きい。
 wind3.JPG

続きを読む


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

比較:風力発電と原子力(1) [ 資源エネルギーを考える]

年が明けてしまいました。
このブログでは年末は1年を振り返り、年初は我が家の年賀状をご紹介する
などしておりましたが、昨年はいろいろとございまして、年末年始のご挨拶は
失礼させていただきました(年賀状も送っておりません)。ご了承ください。

----
さて、年明け一発目のニュースとして、以下を見つけました。
●北海道沖に国内最大級風力発電所 ノルウェー大手計画 出力は泊原発の2倍
 wind0.JPG
https://news.yahoo.co.jp/articles/07619779134b88a4cc67d4f89894b661cef29723

風力で原子力を凌ぐってすごいですね!
ところでそもそも、風力発電と原子力発電のパワーって、どれくらいの差があるの
でしょう? 結論だけ先に書いちゃいますと、こんな感じです(↓)。
これらはとても大雑把な計算です。細かな数値については資料をあとで示しますね。
wind1.JPG
https://www.sbenergy.jp/study/illust/wind/ より

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

野外調査 [▼研究実況 Now!]

2021-12-21T07:59:29.JPG2021-12-21T07:59:29.jpg2021-12-21T07:59:29.jpg
この1ヶ月、いろいろありまして、ブログの更新をできてませんでした。

また少しずつ、復活させます。

いまは北へ向かう電車のなか。
これから野外で調査です。
(写真1枚目)

今回は1週間ほど前に設置した装置の回収です。
写真2枚目が設置時の様子。
カラフルなのは、雨だったから。
(レインコート)

写真3枚目は設置時のトイレ休憩。
すごい景色だ。
冬の日本海。

さて、良いデータが録れてるかな?
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

秋から冬へ [▼研究実況 Now!]

2021-11-25T12:10:10.jpg2021-11-25T12:10:10.jpg
大学は秋です。写真1枚目は、播磨の山の上にある理学部のキャンパスです。
少し前に撮影しましたが、紅葉が本当にキレイです。
ここで研究に打ち込めるって、とても良いと思うのです。

写真2枚目は、私が普段通っているキャンパスです。姫路駅から30分くらいに位置してます?
ここは1回生通っていて賑やかです。
(当大学は、大人数の講義を除くと対面での講義天気実験が復活してちます)
(だいがくさいも感染ボウシに勤めつつ、実施されました)
こちらは銀杏がキレイです。

いずれも11月上旬とか中旬に撮影しましたので、いまは散りはじめてます。

だんだんと冬に向かってます。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

物理探査学会 特別講演会(無料) [▼科学ニュース New!]

こちらも無料のイベントです(オンライン)。私は登壇しませんが、
普段お世話になっている地下探査技術の学会「物理探査学会」のイベントです。

来週、香川県高松市で開催されます「物理探査学会」学術講演会では、
一般の方も対象に、特別講演会が行われます。
こちらは無料ですが、申し込みが必要です(木曜日まで!!)。

長谷川先生は活断層の専門家です。香川先生は残念ながら存じないのですが、
香川県で名字が「香川」で、うどんの会社とは!! もう運命ですね。

------------------------------------------------------------
145回学術講演会(2021年度秋季)
特別講演(オンライン無料公開)

第145回(2021年度秋季)学術講演会では,2件の特別講演が行われます。
オンライン参加の場合,一般の方も無料でご参加いただけます。

参加される方は,申込フォームより参加申込をお願いいたします。
(締切:11月18日(木))

ご入力頂くメールアドレスにGoogle Meetによる特別講演会参加のため
のリンク先(URL)を後日連絡させて頂きます。

(1)応用地質研究者としての物理探査活用術
       長谷川 修一 氏(香川大学 特任教授)

(2)寝ても覚めても、うどん
       香川 政明 氏(さぬき麺業株式会社 社長)


日時:11/25(木)  15:00~17:00
費用:無料
参加方法:オンライン

詳しくは、下記をご覧ください。
  ↓
http://www.segj.org/event/lecture/2021/10/145-tokubetsu.html

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

登壇します:京大防災研70周年記念イベント [▼研究実況 Now!]

来週金曜日(11/26)の下記のイベントに登壇します。
(オンラインと対面のハイブリッドです)
私を含め、4名の研究者が、地震やプレートの話をします。
最新の科学成果の話だけでなく、なぜ・どのようにして研究者になったのか?
といったお話もすると思います。ぜひご参加ください!!


 https://goto33.blog.ss-blog.jp/2013-04-20
 時計台で話をするのは久しぶり!!

「2021年度第3回地震・火山グループ研究会」

京都大学防災研究所創立70周年記念事業のサイドイベントとして、2021
年度第3回地震・火山グループ研究会を開催します。 京都大学防災研究
所地震・火山グループの卒業生で現在一線で活躍中の研究者の方々に、
研究会の前半では最新の研究に関して講演をしていただきます。後半は
防災研時代を振り返りながら、研究の苦労話やキャリアパス,後輩達に
期待することなどについてパネルディスカッションを行います。

【開催日時】
 2021/11/26  14:00-17:30

【開催場所】
京都大学百周年時計台記念館2F 国際交流ホールIII
及び Zoom開催(事前登録必須)

【対象】
学生,研究者(特に制限はありませんが、専門的な内容になります。

【プログラム】
14:00-14:05 趣旨説明
14:05-14:40 平松良浩(金沢大学理工研究域 地球社会基盤学系 教授)
「能登半島北東部の群発地震活動」
14:40-15:15 後藤忠徳(兵庫県立大学理学部 教授)
「電気でみた地震発生域」
15:15-15:50 行竹洋平(東京大学地震研究所 准教授)
「地震観測からみる箱根火山のマグマ熱水系」
15:50-16:25 沖野郷子(東京大学大気海洋研究所 教授)
「海洋地殻生産の時間変動を追う」
16:25-16:35 休憩
16:35-17:30 パネルディスカッション
  (登壇者:招待講演者4名及び澁谷拓郎地震予知研究センター長)

お申し込み、詳細は下記。
https://sites.google.com/dpri.kyoto-u.ac.jp/sideeventa005j/home
https://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/dpri70th/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | -