SSブログ

   次回の科学バーのお知らせ(8/20)

    【最新情報をメールサービスで配信中!】

東京は日本橋(右アイコンをクリック)で絶賛開催中の「大人の科学バー」。次回は8/20です。オンライン(+若干名対面)形式で「北海道のワイン」の話をします。今後も不定期に登壇します。ネット開催も継続予定。遠隔地の方もぜひ!
さらに、京大近くの出町柳アシュクルクさんや、京都のトルコ料理&Bar memeさんでも科学バーを不定期に開催しています。
KIWI.JPG

前の10件 | -

祝!高校生が受賞 [▼研究実況 Now!]

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)という学校が日本にはあります。
https://www.jst.go.jp/cpse/ssh/ssh/public/about.html
https://www.jst.go.jp/cpse/ssh/ssh/public/about.html

文部科学省から指定された高等学校などで、先進的な理数教育を実施したり、
高校生による科学的な調査研究を行うなどの取り組みをおこなっています。
SSH指定校は全国で200校以上にのぼります。各都道府県で平均して5校程度が
指定されています。
https://www.jst.go.jp/cpse/ssh/school/list.html

年に一度行われる「スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会」では
約200校の高校生が自身の研究成果を発表し、その頂点を競い合います。
すなわち「科学の甲子園」とも言えるでしょう

私は奈良県のSSH校の1つである、奈良学園高等学校の指導(運営指導委員)を
させて頂いていますが、同高校の高校生グループが、先日(8月20日)行われ
ました「令和3年度SSH生徒研究発表会」で文部科学大臣表彰を受賞しました!
なんとこれ、最優秀賞です!! そう、金メダルなのですっ!!!

top_a_menu_ta_imgs_logo_mext.jpg
令和3年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会表彰校の決定について
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2021/0820ssh.htm

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

宇宙科学ニュースの詰め合わせ [▼科学ニュース New!]

この夏は宇宙関係のニュースが熱い(暑い)です。
一気に紹介します。
ご興味あるニュースの詳細については、リンク先を御覧ください。

●「小さな一歩に過ぎない」 帰還したベゾス氏、宇宙開発に意欲
https://mainichi.jp/articles/20210721/k00/00m/030/192000c
 アマゾン・コム会長のジェフ・ベゾス氏が、自分自身の米宇宙開発ベ
 ンチャーの宇宙船「ニューシェパード」で宇宙に行きました。宇宙と
 は一般的には地上から高度100kmより遠い場所を示します。ベゾス氏
 は高度107kmへ到達し、無重力状態を数分間経験したそうです。
 その数分間のために、いったいいくらの費用を投じたのか??
 他方、民間の宇宙船での宇宙旅行は、もはや夢ではないということで
 す・ベゾス氏に先立つこと10日前、リチャード・ブランソン氏も自ら
 が創業した「ヴァージンギャラクティック」の宇宙船で、宇宙に行き
 ました。まさに宇宙旅行時代の幕開けです!
 ちなみにブランソン氏は高度85km程度までしか到達しておらず、ベゾ
 ス氏は「我々こそが真の宇宙旅行だ!」と言っているようですが、
 ブランソン氏も負けておらず「宇宙はむしろ高度80kmより遠い場所を
 指す。ベゾス氏は誤っている」と考えているらしい。
 宇宙旅行ビジネス競争が、宇宙の定義も変えるかもしれません。

ベゾス・レター アマゾンに学ぶ14ヵ条の成長原則

ベゾス・レター アマゾンに学ぶ14ヵ条の成長原則

  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2019/11/20
  • メディア: Kindle版


続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ネットラジオ:バイリンガリレオ [▼研究実況 Now!]

科学好きの皆さん、こんばんわ。
みなさん、ラジオはお好きでしょうか?
また英語は得意でしょうか?

例えば、番組前半は科学ニュースを雑談混じりで、日本語で軽く
おしゃべりして、番組終盤にそれを英語で話してくれるラジオ番組って、
興味ありませんか? しかも無料。

今日は、そんな素敵なネットラジオ番組を紹介します。
実はですね、これ、知人(かつての教え子)がパーソナリティなのです。
私も先日、はじめて聞きました。 おもしろい!!
これからも定期的に聞いてみようと思います。
毎週1回、月曜日(日曜深夜?)に更新されるみたいです。

ネットラジオだから過去回も聞くことができます。
英語の勉強にもなるし一石二鳥。ご視聴、あれ。

バイリンガリレオ By Naoto&Kianu (Podcast)
https://anchor.fm/bilingalileo/episodes/0682030NASA-e14jin5

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

続:ポンポン山はなぜポンポンなのか? [ 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ]

前回の続きです。
https://goto33.blog.ss-blog.jp/2021-08-18-1
京都・大阪の県境にあるポンポン山はなぜポンポンと鳴るのか?
そこには空洞があるのか?
その可能性はあるといえば、あります。鉱山です。
下記をご覧ください。
gnav.jpg
 地質図ナビより(一部加筆)。
 https://gbank.gsj.jp/geonavi/

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ポンポン山はなぜポンポンなのか? [ 知識ゼロから学ぶ地底のふしぎ]

京都と大阪の県境付近に「ポンポン山」という標高600mくらいの小山が
あります。

●ポンポン山って何がポンポンなの?高槻のポンポン山から見た枚方の景色
 https://www.hira2.jp/town/town-ponponmountain-20170708.html
https://www.hira2.jp/town/town-ponponmountain-20170708.html

ちょうどよいハイキングコースですが、名前が変ですね。
なぜポンポン山というのでしょうか? ちょっと考えてみましょう。

----
山を登っているときに、足元の地面からポンポンという音がなるのであれば、
そこには空洞があるのではないか?と推測できます。

実際にそのような調査例が、福島県いわき市で得られています。
物理探査学会という学術団体は、2011年の東日本大震災の直後に、
いわき市で地下探査を実施しています。

地下を診る技術 ~驚異の物理探査~

地下を診る技術 ~驚異の物理探査~

  • 作者: 物理探査学会編著
  • 出版社/メーカー: 公益社団法人 物理探査学会
  • 発売日: 2014/10/05
  • メディア: Kindle版


続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

【8/20:申込不要、Zoom】大人の科学バー「北海道のワインと地質のはなし」 [▼研究実況 Now!]

今週金曜日のイベントですが、Zoomのアドレスが公開になりました!!

大人の科学バー in はこだて国際科学祭2021

日時:2021年 8月20日(金)19:00〜21:00
https://us02web.zoom.us/j/82223696793?pwd=d29NWHNuNkhPRElERzM4SlNGblFDZz09
ミーティングID: 822 2369 6793
パスコード: 559338

ぜひご参加下さい。ワインを持って!!

wine.JPG
8月20日(金)
「大人の科学バー in はこだて国際科学祭2021」

https://sciencefestival.jp/event/science-bar-online-in-hakodate/

【オンライン出演】
後藤忠徳(兵庫県立大学教授)
 http://obem.jpn.org
川邉久之(エノログ,ENOLUTION代表)
 https://winemaker-hisayukikawabe.amebaownd.com
片岡寛孝(函館「シャカン・セ・グー」店主)
 https://www.facebook.com/chacun-ses-gouts-1895146553895313/
畠山泰英(編集者,キウイラボ代表)
 https://kagakubar.com
hkd.JPG
【内容】
ブラタモリの影響もあるのでしょう、かつてないほど日本列島の成り立ちや
地質について多くの人が興味を持っていることを肌で感じます。
北海道はもともと大きな2つの島で、それがぶつかって1つになったんですよ、
なんて話すと「え!どういうこと!?」と興味を持ってもらえる時代になりました。
今回は、海編のゲストでおなじみの後藤忠徳さんがくりだす北海道の地質トーク
をベースに、川邉久之さんがいま大注目の北海道ワインにまつわる話題を絡め、
さらに、函館で良質な北海道ワインを扱う酒販店の店主、片岡寛孝さんも加わり、
なぜいまおいしいワインが北海道でできるのか? を音楽のセッションのように
ワイワイお話しします。ぜひワインを飲みながらご参加ください。
オンラインがメインで、対面会場(※)のゲストは未定(当日のお楽しみ)。

【定員】100名(オンライン)、若干名(対面)
【オンライン受講料】無料(投げ銭制)
【お申し込み方法】
 事前申込不要。上記のZoomミーティングのURLとパスコードから
 アクセス下さい。

当日のご参加をお待ちしています。

------------------------------------------------------------
※対面参加の場合(オンラインは事前登録不要:上記)
 場所:ギャラリーキッチンKIWIにて(東京 日本橋)
 参加費1,500円
 対面参加を希望される方は、キウイラボさんへ御連絡下さい
 https://kiwi-lab.com/mail.html

nice!(4) 
共通テーマ:学問

雲仙地域で土砂災害 [▼研究実況 Now!]

今回の大雨で、長崎県雲仙市で土砂災害が多発しています。
●長崎・雲仙で土砂崩れ 大雨の中、不明者の捜索続く
 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000225529.html

温泉の源泉の一部が埋まってしまっているようです。



ここにはこれまで何度も調査に訪れています。
下記は2020年9月に撮影しています。まさにこのあたりの斜面が崩れて
国道まで土砂が流れていったようです。
P9140087.JPG
 ここはいわゆる「地獄」です。噴気が沢山あがっています。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

やったるぞっ、やったるぞっ [ 科学コミュニケーション]

漫画の話が続きます。

誰かが、下記の漫画をリツィートしていました。

短い漫画ですが、いろいろと感じる部分があります。
ツィッターでの感想も様々でして、
・わんこがいっぱい 幸せの空間すぎる
・音楽の楽しみ方は犬それぞれですね
・誰かが来るまでタンバリン持って待ってると思うとちょっと切ない
・やはりライブがいいよね。
・何かドラゴンクエストを思い出しました。
・床に目をやり地下への階段を発見するなんて、こいぬは凄い。
・タンバリン犬はいつから地下に潜んでいたのか。

私は科学者なので「誰も気づいていないドアを開けてみたら、
そこには想像を超えた別の世界が待っていた。これこそ、科学だ」
なんて思っちゃったりして。

ちなみに、芸術や文化・歴史などから「これって科学っぽい、科学の真髄かも」
と思うネタを、講義や雑談用にスライドへまとめてます。これもコレクションに
加えました。いまみたら180枚くらいあったよ。今年の講義で使おう!!

----
さて、この漫画の画風も気になりましたので、ツィッターでフォロー。
すると、こんどは別の作品が流れてきました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

大人の科学バー(オンライン) [▼研究実況 Now!]

久しぶりに、「科学バー」を実施いたします。
wine.JPG
私とゲスト2名、バー店長のあわせて4名で
「北海道のワインと科学」の話を致します。

昨年8月にも実施しましたが、その際は50名以上の方々にご参加いただきました。
オンラインでの開催です(無料、投げ銭制)。
若干名、対面での参加も受け付けています(東京 日本橋)(下記※)。
ぜひご参加下さい!!


================================
8月20日(金)
「大人の科学バー in はこだて国際科学祭2021」を開催します。

暑中お見舞い申し上げます。
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか。
さて今回は、無料オンラインイベントのご案内です(+ちょこっと対面)。
昨夏に開催して大好評だった、ワイン&地質をめぐるトークイベントです。


<オンライン&ちょこっと対面>
☆はこだて国際科学祭2021「北海道のワインと地質のはなし」

【オンライン出演】
後藤忠徳(兵庫県立大学教授)
 http://obem.jpn.org
川邉久之(エノログ,ENOLUTION代表)
 https://winemaker-hisayukikawabe.amebaownd.com
片岡寛孝(函館「シャカン・セ・グー」店主)
 https://www.facebook.com/chacun-ses-gouts-1895146553895313/
畠山泰英(編集者,キウイラボ代表)
 https://kagakubar.com
hkd.JPG
【内容】
ブラタモリの影響もあるのでしょう、かつてないほど日本列島の成り立ちや
地質について多くの人が興味を持っていることを肌で感じます。
北海道はもともと大きな2つの島で、それがぶつかって1つになったんですよ、
なんて話すと「え!どういうこと!?」と興味を持ってもらえる時代になりました。
今回は、海編のゲストでおなじみの後藤忠徳さんがくりだす北海道の地質トーク
をベースに、川邉久之さんがいま大注目の北海道ワインにまつわる話題を絡め、
さらに、函館で良質な北海道ワインを扱う酒販店の店主、片岡寛孝さんも加わり、
なぜいまおいしいワインが北海道でできるのか? を音楽のセッションのように
ワイワイお話しします。ぜひワインを飲みながらご参加ください。
オンラインがメインで、対面会場(※)のゲストは未定(当日のお楽しみ)。

【日時】8月20日(金)19:00~21:00

【定員】100名(オンライン)、10名(対面)

【オンライン受講料】無料(投げ銭制)

【お申し込み方法】
 事前申込不要。ZoomミーティングのURLとパスコードは開催直前まで
 に下記サイトにて公開します
 https://sciencefestival.jp/event/science-bar-online-in-hakodate/

当日のご参加をお待ちしています。

------------------------------------------------------------
※対面参加の場合(オンラインは事前登録不要:上記)
 場所:ギャラリーキッチンKIWIにて(東京 日本橋)
 参加費1,500円
 対面参加を希望される方は、キウイラボさんへ御連絡下さい
 https://kiwi-lab.com/mail.html

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

今朝も元気に出撃! [▼研究実況 Now!]

企業の研究者とは違って、大学の研究者のパソコンの壁紙を自由な画像に
変更することができます。パソコンの管理は大学ではなくて、個々人で
行うことが普通です(私学は違うかもしれません)。

私のパソコンの壁紙は、動物だったり、宇宙だったり、海だったりしますが
子供の頃好きだったロボットアニメのときもあります。
ただあまりアニメ・アニメしてると子供っぽいし、ちょっと恥ずかしい。
アニメ題材のカッコイイ イラストだったら、壁紙にすることがありました。
っていうか、カッコイイ ロボットのイラスト、好きです。


今朝のとある方のツィートより。
こういうイラストですね。アニメ題材だけど、ほら、カッコイイ。
ちょうど今朝の出勤中に拝見しました。即、リツィート。

2010~2011年頃に、これと同じタッチのイラストをWeb上で見つけたので
沢山、ダウンロードをさせてもらってました。いまそのサイトはどこにある
のか、分かりません。


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | -