SSブログ

   次回の科学バーのお知らせ

    【最新情報をメールサービスで配信中!】
 こちらをクリック!→ CLICK HERE

東京日本橋では「大人の科学バー」を今後も開催する予定です。(右アイコンをクリック)
さらに、京大近くの出町柳アシュクルクさんや、京都のトルコ料理&Bar memeさんでも科学バーを不定期に開催しています。
KIWI.JPG

前の10件 | -

未知との遭遇@木星2050? [▼科学ニュース New!]

今日は科学ニュースを一つご紹介。
様々な知恵・工夫・閃きのコンボ技が科学の謎を解く!という例です。

地球外生命-アストロバイオロジーで探る生命の起源と未来 (中公新書 2676)

地球外生命-アストロバイオロジーで探る生命の起源と未来 (中公新書 2676)

  • 作者: 小林 憲正
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2021/12/21
  • メディア: 新書


地球は水の惑星ですが、太陽系の他の惑星や衛星にも「液体の水」は
ありそうだと言われています。液体の水があるということは、そこでも
生命が生まれて進化している可能性が考えられます。

5月2日の下記のニュースによりますと、木星の衛星「エウロパ」の地表付近
には液体の水があるらしいと、米国の研究グループが報告したそうです。
●木星の衛星エウロパ、地表浅部に水存在か 研究
 https://www.jiji.com/jc/article?k=20220502042940a&g=afp

 fig0.JPG
 エウロパは氷で覆われた衛星です。画像は下記から。
 (大量の水が存在する木星の衛星「エウロパ」の奇妙な模様の秘密)
 https://wired.jp/2020/08/11/space-photos-europa-attempt-no-landing-there/

エウロパは分厚い氷に覆われていて、その下には大量の水があることが
これまでの探査機(人工衛星)のデータから分かっています(※注)。
しかもエウロパの(氷の下の)海の底では、海底熱水活動もあるらしい。
●エウロパの地下海に熱水活動の証拠
 https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11780_europa
地球でも海底熱水噴出地域では、光合成に頼らない生物達が独自の生命圏を
形成しています。こりゃ、エウロパ独自の生命がいる可能性大ですな。

※注:探査機に搭載された磁力計データから、間接的に水の存在が示唆されています。これは磁力計を使った受動的な電磁探査ですね。このように実際に穴を掘らずに地下を探査する技術を「物理探査」といいます。地球以外の他の惑星や衛星でも実施できるのです。

エウロパの氷はかなり分厚くて、水のある深さまで掘削するのは難しいだろうと
考えられていました。ところが今回の発見では、浅い部分に水があるらしい。
なので、ちょっと掘削するだけで、液体の水や生命と出会えるかも??と、
期待が膨らむニュースなわけです。

地球外生命体 実はここまできている探査技術 (マイナビ新書)

地球外生命体 実はここまできている探査技術 (マイナビ新書)

  • 作者: 井田 茂
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2017/12/27
  • メディア: Kindle版


では、この研究成果はどうやって達成されたのでしょうか?
※原論文はこちらです。
 Double ridge formation over shallow water sills on Jupiter’s moon Europa
 https://www.nature.com/articles/s41467-022-29458-3

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 

北の海やなぁ。 [▼研究実況 Now!]

皆さん、おはようございます。
間が空いてしまいましたが、調査船「白鳳丸」の乗船レポートをお送りします。

今回の行き先は、北西太平洋。
三陸の沖合にある「日本海溝」のさらに東側です。
ここは1年を通して、天気はあまり良くありません。こんな感じです。
P4130320.JPG
うっすらと曇っています。夏に来ても、こんな天気の日が多いですね。

さて、調査船に乗船すると、最初にすることといえば、、、
P4060185.JPG

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

宇宙から鬼を探せ [▼科学ニュース New!]

科学技術が発達した現代でも、鬼とか妖怪とかって人気ですよね。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(通常版) [Blu-ray]

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(通常版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2021/06/16
  • メディア: Blu-ray



鬼滅の刃 遊郭編 3(完全生産限定版) [Blu-ray]

鬼滅の刃 遊郭編 3(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2022/04/27
  • メディア: Blu-ray


その正体は、本当はなんなんでしょうね?
ただの言い伝え? 伝説の生き物? いや宇宙人?

正体を探るためには、まず、鬼が出そうな場所を探しさないと。
そう、ビッグデータでね!!
なんと、鬼を見つけるのに、衛星データを利用しようというのです。
   ↓
●宇宙から「鬼を探せ」!衛星データが導く東京ミステリー紀行(日テレR&Dラボ)
 https://note.com/ntvrdlab/n/n5875e20065b7
●宇宙から「鬼を探せ」!衛星データが導く東京ミステリー紀行 ~青梅の里編~
 https://note.com/ntvrdlab/n/n2935dfe099df

上記は、解析結果を頼りに実際に鬼を探しに言った様子。
でもそもそも、どうやって、鬼のいそうな場所を特定したのでしょうか??

解析方法が下記に紹介されています。
●鬼が住んでいそうな場所を衛星から探してみたら、47カ所見つかった(宙畑)
 oni0.JPG
こちらのページによりますと、以下の4つが鬼が住む場所のヒントとのこと。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

月別の記事一覧 [▼ブログ管理]

月毎の記事一覧です。
()内は月毎の記事の数です。

calender.jpg

続きを読む


nice!(23)  トラックバック(0) 

あしあと帳 [▼このブログについて(Q&A)]

こちらはあしあと帳です。
気軽にひとこと、コメント欄へ残していただけると嬉しいです。

このブログへの質問などはこちらでも受け付けています。
http://blog.so-net.ne.jp/goto33/2005-10-3

人気ブログランキングへ

なお古い過去記事へのコメント、トラックバックも大歓迎です。

Q & A [▼このブログについて(Q&A)]

この当ブログへのご意見・ご質問などがございましたら、こちらのフォームをお使いください。
送信者のアドレスや氏名の個人情報は、管理者にも読者にも分かりません。ご安心を。

海の研究者に質問!

 ・おもしろかった、わかりにくかった、などのご感想
 ・海や地球に関する一般的な質問(例:マントルってなんですか?)
 ・研究に関する質問(例:どうやったら研究者になれるの?)
 ・So-net Blogに関する質問(例:使いやすい?使いにくい?)

ご質問については可能な範囲で回答させていただきます。
回答内容の詳細については、別途"新規記事"のうえでさせて頂く予定ですが、
メールでのご返答を希望される場合はその旨をフォーム中にお書きいただければ幸いです。

なお各記事個別のご感想・ご質問は、当該記事の下のコメント欄にお書きいただいても
問題ありません。どうぞお気楽にご意見などをお寄せ下さいませ。

人気ブログランキングへ

あしあと帳もつくりました~
http://blog.so-net.ne.jp/goto33/2005-10-3-1


nice!(34) 

出港!

皆さん、こんばんわ。
いま、調査船「白鳳丸」に乗船しています。
海洋プレート(太平洋)の調査です。

今日は出港時の写真をご紹介します。

2022-04-17T19:23:13.JPG
船は東京の晴海埠頭から出港です。
舳先の左側に見えるのが晴海埠頭のフェリーターミナル。
すでに役割を終えて、もう立ち入りはできません。
取り壊し予定とのこと。
バブル期っぽい建物に見送られての出発です。
(ちなみに右側のマンションが、東京オリンピック2020の
 時の、選手村です。もう一般の方々の入居が始まっている?
 みたいです。でもまだ絶賛工事中だったりもします)

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

まちなかで、地質調査。 [▼科学ニュース New!]

※以下は、メールサービス「ジオサガ」の転載です。
 お申し込みはこちらから→→→ http://obem.jpn.org/

みなさんは、地下街やデパートの床や壁を観察したことはありますか?
今回は「名古屋で見つかる化石・石材ガイド」という本の紹介です。
この本では、名前の通り名古屋周辺でみられる特徴的な石材や化石、
更にはそこから読み取れる街の変遷について紹介しています。
●「名古屋で見つける化石・石材ガイド」出版
 街の石探しで「あなたも石頭に」
 https://news.yahoo.co.jp/articles/e2517a5e3fb771095b48264ef3d27348725f6ba9

名古屋で見つける化石・石材ガイド (爽BOOKS)

名古屋で見つける化石・石材ガイド (爽BOOKS)

  • 作者: 西本昌司
  • 出版社/メーカー: 風媒社
  • 発売日: 2022/03/15
  • メディア: 単行本


アンモナイトなどは特徴的な渦巻き模様をしていますから、
初心者でもすぐに分かります。この石材、アンモナイトを含むということは
かつては海の底だったのね。それがいま、デパートの柱になっていたりする、と。
そう考えるとロマンがありますね。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

東京に来ています

2022-04-06T14:06:42.JPG
いいお天気ですね!

東京、晴海埠頭に停泊している白鳳丸です。

晴海埠頭は大型客船が来なくなって、ターミナルも閉鎖されて、静かか
と思いきや、マンションの工事で賑やか(うるさい)です。

これらのマンションは、東京2020オリンピックで選手村として使われた
ものですね。もう入居はされているのでしょうか?
歩道はいたるところで工事が進んでいて、マンション外壁も覆われてい
たりするのですが、部屋の中には明かりがついている雰囲気もあります。

オリンピックレガシーが、こうして活用されるのは良いことですね。

さて、白鳳丸さん、よろしくね。
nice!(4)  コメント(0) 

Youtube & Podcast はじめました。 [▼研究実況 Now!]

明日言うと「うそやーーーん」と思われそうなので(エイプリルフール)、
今日のうちに言っておきます!

突然ですが、実は、YoutubeとPodcastをひそかにスタートさせています!!

Youtobu「ジオサガちゃんねる」
キャプチャ.JPG
アドレスはこちら
  ↓ ↓
https://www.youtube.com/channel/UCbvPVhGS7tWlDkwNRdOpS0g

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
前の10件 | -