SSブログ

素晴らしい絵(三好彩さん) [ 研究実況 Old..]

京都には画廊がたくさんあります。仏教美術とか古美術とか、和風な芸術作品の
展示が多いように思いますが、案外、新しいアート作品も多いのです。
京大吉田キャンパスの近くには、その一つ、イムラアートギャラリーさんがあります。

http://www.imuraart.com/ja_ex1122_sae_miyoshi_exhibition.html

先日、知人が個展を開かれていたので、おじゃましました。
DSC_0260.JPG
ギャラリーの外観はこんな感じ。
どんな作品か?(上の写真でもチラっと見えておりますが)
こちらで詳しく紹介されていました。

●三好彩 個展 「火」 imura art gallery
 http://nicevoice.laff.jp/blog/2013/03/post-f4ac.html
なんと、あの関西芸人「おかけんた・ゆうた」の、 おかけんたさんのブログ。
いまや、アート大好き芸人として有名なんですね。しらんかった。

・・・どうでしょう、なかなか個性的な作品がならんでいますね。
っていうか、なんじゃこりゃ!っていうのが第一印象。
各作品にはタイトルも付けられていません。ギャラリーの方にお聞きすると
「見る方に先入観なく、絵を感じて欲しいので、タイトルを絵の横には添えなかった」
作者の三好彩さんの意向だそうです。 うーむ、しかしド素人にはキツイ。
ギャラリーのカウンターには(これらの絵の販売用に)作品名リストがあったので
ちょっとお借りして、タイトルと絵を見比べてみたら…  ますますワカラン(笑)

「2階にも作品がございます」とギャラリーの方がおっしゃるので、2階へ。
そこにはこれまでの作品一覧のアルバムもありましたので、パラパラとめくっていると
・・・おや、おなじモチーフ(ある立体的なパターン)が何度も出てくる。気になったので
ギャラリーの方に「これはもしかしたら人間を表しているのでしょうか?」と聞いてみると
「たぶんそう」との答え。なるほど、だんだんとそう見えてくる。

DSC_0266.JPG
  道行く人も、目を奪われる、圧倒的パワー。
  写真で見るより、実物はもっと強く、(絵だけれども)立体的です。

で、あらためて作品をみると、、、おお、なるほど素人の私にも世界観が伝わってくる
気がする。内臓のように見えるものも、最初は気味が悪いと思ったが、実に活き活きと
している。まるで、両目ではなく、体の中から世界を見ているような雰囲気である。
あ、すみません、最後の一文は、ギャラリーの方に「作家の方は…だそうですよ」と
教えてもらいました(カンニング)。でも、そう見えてきます。

----
現代アートというものは、ぱっと見には何を言いたいのか全くわからない。このあたりが
印象派などとは違うのだけれども、よくよく見ると、とても深くて面白い。例えば下記の展覧会。
●「インシデンタル・アフェアーズ」(ブログ「弐代目・青い日記帳」さん)
 http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1696
最初の写真。女性がこちらをみて立っている。これだけだと、なんのこっちゃワケワカラン
けど、なんか引き込まれる迫力がある。解説をみると、納得(ページの下にあります)。
あと同じページで紹介されている宮島達男氏の「MEGA DEATH」も、写真だけだと
ナンノコッチャですが、実際に見ると、うーーーーーむ、深い。

三好彩さんの作品は下記ブログでも紹介されています。
●現代美術カテゴリー400回(勝手に記念)…「 ART KYOTO 2012 」その壱
 (ブログ「シッタカブリアンの午睡」さん)
 http://den393.blog81.fc2.com/blog-entry-752.html
●グループ展;極並佑・黒宮菜菜・三好彩 No.3(ブログ「現代アートの誘惑」さん)
 http://ameblo.jp/masu4116/entry-11289249826.html

またご本人情報によりますと、6月~7月に東京で個展を開かれるそうです。
写真ではわからない、絵の迫力、ぜひ感じてみてください。

----
以下通信欄:サエちゃん、個展お疲れ様でした! 上記では好き勝手書きましたが
楽しく拝見させていただきました。東京の個展も、また行きますね!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1