So-net無料ブログ作成

大原野の紅葉 [ 京都で暮らす]

今年も秋が終わろうとしています。東京方面の方にはおなじみの「そうだ、京都へいこう」
でも「暑い、寒いだけで私の一年が終わるだなんて」って行ってますね。
というわけで、ちょっと前に私も行ってきました、紅葉狩り。

PB210722.JPG
紅葉がたわわに「実って」ました。訪れたのはこちら。


大きな地図で見る
京都盆地の西のほう、いわゆる洛西にある「大原野神社」です。
あ、大原じゃありませんよ。あれは京都の北東のほうです。大原は京都の奥座敷で
紅葉の名所として超有名ですが、ここ洛西あるいは”西山”も「隠れた紅葉の名所」です。
大原野神社の近くには、去年の「そうだ、京都へいこう」のポスターを飾った光明寺が
あります。たとえばブログ「きたやま氏の写真日記」には、とても趣のある写真が。
http://blog.goo.ne.jp/northern-mt/e/f919424f47411a42b1e49c3ca627bd9a
いいですねぇ。ひっそりしていて。

PB210734.JPG
さて大原野神社の境内はこんな感じ。奈良の春日大社の分社だそうで、平安時代以前の
建立です。普段はとても静かな神社で、紅葉時でも大混雑というわけではありません。

大原野神社に訪れたのは2週間前。カエデの葉も緑色・黄色・赤色と色とりどり。
PB210751.JPG
落ち葉を踏みしめる紅葉狩りもいいですが、こちらも捨てがたい。

PB210753.JPG
葉っぱの部分のアップ。ステンドグラスのようだ。

PB210713.JPG
小さな池もあって、ほとりには茶店も。ビールも飲めるよ。
(でもバイクで来たので不可。ちなみに自動車でも駐車場ありますよ)

PB210790.JPG
神社入り口の紅葉は、2週間前の時点で真っ盛り。きれいでした。

PB210791.JPG
その近くで売ってた高菜まんじゅうを食す(「高菜」って書いてある)。温かい。
おいしい。家内は「赤みそまんじゅう」を食べていた。しまった、そっちのがおいしい。

PB210802.JPG
さて、神社のすぐ近くの「勝持寺」にも行ってみますか。竹林の道を登ります。
こちらは「花の寺」として有名ですが、紅葉もきれい。

PB210805.JPG
竹林のトンネルを抜けると、明るい紅葉が目に入りました。
勝持寺は残念ながら拝観時間の終了が迫っていて、あわてて紅葉を見るのも
何なので今回は断念。またきまーす(京都に住んでるとこういう贅沢ができます)

大原野神社に戻って、鳥居前の別のお寺「正法寺」へ。
PB210856.JPG
神社の紅葉もいいですが、お寺の場合は瓦屋根・庭石・苔とかと紅葉とのコントラストが
より際立ちます。神社の紅葉は自然っぽい感じでした。それもそれで良かったなぁ。

PB210867.JPG
正法寺のベンチ。おそらく子供が並べたんでしょうね。神社でも子供たちが落ち葉を
集めて遊んでました。でも落ちてない葉っぱももぎってたなぁ。まさに紅葉狩り(苦)。

PB210888.JPG
そんなこんなで日が暮れる。。。ビバ、紅葉狩り!な1日でした。
(上の写真、よくみると鳥も飛んでるぜ)

さてこれらは2週間前。その後の大原野神社の紅葉はというと…
私の訪れたころに比べて、かなり紅葉してました!
●今年も紅葉の花の寺と大原野神社(ブログ「遊そぞろ」さん)
 http://blog.some-u.com/?eid=1312679
●京都もみじ旅4 渡月橋・大原野神社(ブログ「信州の自然と環境」さん)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kakasi5jp/63359902.html
西山の紅葉はまだ今週いっぱいはかろうじて楽しめそうですね。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 2

otyukun

ご訪問有難うございました。
京都は紅葉の宝庫、寒暖の差が美しさを引き出すそうです。
見所も勝持寺や大原野神社以外にも凄い所が一杯あります。
探訪の課題山積みです。

海洋調査のお仕事とか。
羨ましいです。
海が好きで海釣りが趣味、若かりし頃は海上自衛隊に入りたかった程。
又、訪問させて頂きます。


by otyukun (2010-12-06 21:21) 

MANTA

otyukunさん、コメントありがとうございます。
京都はほんと、見どころが多いですよね。しかも同じ場所でも1週間違うとまた
違った風景になっている。飽きませんね。

>海洋調査のお仕事とか。羨ましいです。
最近は教壇や研究室での仕事が多く、なかなか船には乗れません。せめて
学生を乗船させてやりたいのですが、それもなかなかままならず。でも、だから
海洋調査は貴重で面白いとも言えますね。

来年1月末頃に調査船へ乗船予定です。その際には船上からブログ更新
を行う予定ですので、覚えておられましたらまたお越しいただけましたら
幸いです!
by MANTA (2010-12-07 18:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0